-
古事記は小学6年のときに全文読みました。
読めない漢字多かったけど、意味は分かりましたね。

で、今回、この本を読みました。



すごくおもしろかったので、
一気に読んでしまいました。

最初小さい字で読んでたんだけど、
だんだん目が疲れてきて、
字を大きくしました。

で、

面白かったけど、

難しかったwwww

もう1度読み返す必要があります。


日本の神話の難しさは、名前がころころかわること。

そもそも分かりにくい名前ですよね。

ロシアの小説に出てくる人物の名前が覚えきれないのと似てます。

で、
〇〇は◆◆のことで・・・
なんてなると、なんのことやらとなります。

一番印象に残ったのは、

天皇家にも古代には「姫」という苗字があったということです。


万休
Posted by万休