0 Comments
小学校の時
音楽専科の先生が大嫌いだったので
音楽は全然勉強しませんでした。

ペーパーテスト、ボロボロw

しかし、他の教科も勉強してないので、
先生のせいにするのは悪いかもしれませんが。

というわけで、五線譜がぜんぜん分からないわけじゃないけど、
あまり好きじゃないです。

篠笛を長いこと吹いていたので、、
数字譜のほうが身に付きました。

YouTubeでいろいろな曲を聴いて
吹きたいのがあったら
耳コピして数字譜にします。

よく知ってる曲は、わざわざ数字譜書かないですけど。

絶対音感があればいいけど、
そんなわけないので、
大抵は篠笛使ってます。

歌声から耳コピするとき、
何度聞いても分からない音があったら
キーボードを使いそのままの音をとります。

篠笛では、移調しながらの耳コピですから、
わかりにくいんです。

耳がいい人はそんなことないと思いますけどね。

歌声は分かりにくいので、
同じ曲のピアノやフルートの演奏があれば、そちらを使います。

で、
篠笛で耳コピして
篠笛で吹いているなら
それでいいのですが、

オカリナで吹こうと思ったら
出る音域が違いますので、
移調しなければいけない場合が多いと思います。

数字譜の場合
移調は
足し算、引き算でできるので、
簡単です。

もちろん、半音記号は付けなおします。

オカリナが上手になったら、
オカリナを使って耳コピしようと思います。

今練習してる「三人家族」は、
「レ」から高い「ファ」までなので、
オカリナで何とか吹けます。


数字譜は、
きちんとした譜に書こうと思ったら、
音の長さを表すのが難しいです。

【まともな数字譜の例】
mennuetgdurr.gif


面倒なのでしません。



万休
Posted by万休

Comments 0

There are no comments yet.

Leave a reply