0 Comments
母は、2月に高熱で緊急入院した後、状態が落ち着いたので、別の病院に転院しました。
母のように痴ほうの老人が多い病院です。

そこで、しばらく世話をしてもらえるようです。
その後は、どこか適当な介護施設にはいることになるだろうと思います。

これで、ボクの介護もはっきり終了しました。

母はボケてましたが、おとなしいボケかただったので、
壮絶な介護生活というものは経験しませんでした。

しかし、
それなりに苦労しましたし、
病院に入院したら、
「栄養状態が悪い」「水分不足」
と指摘されて、
がっかりしました。

病院のように血液検査なんかしないのだから、
自宅で介護してると
栄養が不足してるとか水分が不足してるとかはわかりません。

世の中には、
私のように痴ほう老人を自宅介護してる人は多いし、
ひっそりと
老老介護してる人も多いです。

みなさん、大変だなあと思います。



万休
Posted by万休

Comments 0

There are no comments yet.

Leave a reply